その他輸送の安全に関する情報

 ^汰甘括管理者の氏名

   マルワ観光有限会社 代表取締役 渡辺 敏也


◆〇故に関する統計(自:平成31年4月1日〜至:令和2年3月31日)

物損事故 1件 軽微な自損事故 3件


 輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制

緊急連絡票


ぁ〕∩の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

 1,輸送の安全のために講じた措置
   ★ 全車両へのドライブレコーダー並びにデジタルタコグラフの導入
   ★ 運転手からのヒヤリハット情報をドライブレコーダー映像とともに教育に活用
   ★ 営業車両を使用した避難訓練(非常口、消火器、発煙筒等の使用方法の確認)
   ★ 運輸安全マネジメントセミナーの受講(1名)
   ★ 高性能アルコールチェッカー並びに管理システムの導入
   ★ 遠隔点呼時に使用する高性能アルコールチェッカーの導入

 2,輸送の安全のために講じようとする措置
   ★ 脳ドックの実施(令和2年度予定3名)
   ★ 救急救命訓練の実施
   ★ 特定、初任運転者以外への実技訓練の実施
   ★ ドライブレコーダー映像を活用した乗務員教育のさらなる充実
   ★ 高齢・一般運転者への法令より厳しい基準での適性診断の受診


ァ〕∩の安全に関する教育及び研修の実施状況

   ★ 毎月1回乗務員教育を行い情報の共有並びに更なる安全意識の向上を図っている
   ★ 運転手からヒヤリハット事例を提出してもらい、ドライブレコーダー映像とともに
      教育に活用。また、他の運転手にも情報共有を行っている
   ★ 営業車を使用した実地訓練、冬季チェーン講習、非常口等の使用方法の確認


Α〕∩の安全にかかわる内部監査の結果並びにそれに基づき
   講じた措置及び講じようとする措置
 平成31年度運輸安全マネジメントレビュー議事録


А安全管理規定



ファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方はAdobe社のダウンロードサイトからダウンロードしてお使いください。



jirei_sessyokuへジャンプjirei_sokudoへジャンプjirei_sessyokuへジャンプjirei_sessyokuへジャンプ
 

運輸安全マネジメント


1  輸送の安全に関する基本的な方針

   (1)  社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根拠であることを深く認識し、
      社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。また、
      現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を
      十分に踏まえつつ、社員に対して輸送の安全が最も重要であるという意
      識を徹底させます。

   (2)  輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善を確実に実施
      し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を
      遂行し、絶えず輸送の安全性の向上に努めてまいります。また、輸送の
      安全に関する情報については、積極的に公表します


2  輸送の安全に関する重点政策
   
   (1)  輸送の安全の確保が最も重要であるとの意識を徹底し、関係法令及び
      安全管理規定に定められた事項を尊守すること。
   
   (2)  輸送の安全に関する費用支出および投資を、積極的かつ効率的に行
      うよう努めること。
   
   (3)  輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置、又は予防措
      置を講じること。
   
   (4)  輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な
      情報を伝達、共有すること。
   
   (5)  輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、
      これを的確に実施すること。


3  輸送の安全に関する目標

   (1)  事故件数の減少
       防衛運転に徹し、交通ルールと法定速度の尊守のもと、漫然運転の防
      止、車内外人身事故防により、事故件数の減少に努めていきます。

   (2)  飲酒・酒気帯び運転の撲滅
       飲酒運転がもたらす悲惨な事故を肝に銘じ、勤務内外に関わらず
      「飲酒・酒気帯び運転は絶対させない、しない」という強い心で飲酒・
      酒気帯び運転の撲滅を図ります。アルコールが検知された場合は、
      一日乗務させません。
       遠隔地による点呼については、携帯用アルコール検知器を持参させ、
      必ず実施します。

   (3)  安全確認呼称の励行

       扉開閉時の確認、発進時及び交差点右左折時や、車線変更等の
      走行中の確認など、あらゆる安全について確認を行い、安全輸送を
      遂行します。

   (4)  コンプライアンス意識のさらなる向上
       バス事業は、道路交通法をはじめとする自動車関係法を遵守することで
      成り立っていることを社長以下全社員が念頭に置き、さらなる意識の向上に
      努めます。



4  輸送の安全に関する指示・計画

   (1) 職場での事故防止委員会を必要に応じて随時開催。

   (2) 事故に関する情報・事故速報・ヒヤリハット等の情報の、職場への開示。

   (3) 必要に応じて随時、内部監査の実施。

   (4) 重大事故の新聞記事を点呼場に掲示することによる、安全の啓発活動。

   (5) デジタコデータによる速度・休憩時間の管理の実施及び、乗務員からのヒヤリ
     ハットの聞き取りによる事故未然防止の実施。

   (6) 指示事項及び重要事項の確実な伝達。

   (7) 無事故運転士の「安全に対する考え方・工夫」を事故防止委員会を
     通じて、全運転手に伝える。

   (8) 梯団走行マニュアルの確認。

   (9) 車輪止めの使用の徹底。

                                   令和2年4月1日

                                マルワ観光有限会社
                                  取締役社長 渡辺 敏也